バスの予約はどれぐらい前から?

早めに行動しておくと吉

夜行バスは、多くのバス会社や旅行予約サイトでは乗車日の1か月前から予約を受け付けています。出発日まで余裕があるから、とついつい予約をするタイミングが遅くなってしまうことがありますが、できるだけ早く予約を行っておいた方が良いといえます。これは、バス会社では予約が入った順に席を割り振りしてしまいますので、例えば二人で旅行をするために横並びの席にしたいと思ったとしても、二人並びの席がすでに埋まってしまっていた場合、遠く離れた別々の座席になってしまうことがあります。なるべく早めに予約をすることが、座りたい席をゲットするための方法です。多くのバス会社はネット予約を受け付けていますので、仕事や学校のちょっとした空き時間に予約を行ってしまいましょう。

繁忙期は特に注意が必要

ゴールデンウイークやお盆、お正月などの多くの人が移動を行うタイミングの場合は、特に早めの予約をおすすめします。これはバス会社が通常運航している夜行バス用のバスが不足し、一般的な1列4人掛けの観光バスで運行を行うケースがあるためです。通常ならば1列3人掛けのバスでゆったりと座れるのに、予約が遅くなってしまったせいでぎゅうぎゅうのバスの座席に座らなければいけないことがあります。さらに観光バスですから、バス内にトイレがついていないこともあり、休憩を行うサービスエリアなどで、長い時間トイレを待たなければいけないという事態が生じてしまうこともあります。
これらの理由から、夜行バスの予約は早くしてしまうことのデメリットはないといえます。